かる つく えらぶ

                                        前ページへもどる  ホームへもどる     

 稲刈りがすみ,脱穀(だっこく)もすんだ後,もみをじゅうぶん乾燥(かんそう)させた後,つぎはもみ(稲粒)から,外側についているもみがらを取り除いて,玄米(げんまい)にする作業をしました。この作業を「もみすり」といいました。
 大正時代の中ごろまでは,土うすを使い,もみを摺(す)ってもみがらを分けました。代表的なもみすり道具であった「どうす」は,上うすと下うすからできていました。上下のうすの間でもみをすって,「実」と「から」を分けました。
土臼(どうす)

江戸時代に中国から唐箕(とうみ)などといっしょに伝わったといわれている米の精米道具です。上下二つの円筒形からなり,臼(うす)は竹籠(たけかご)や桶(おけ)の胴(どう)に塩や石灰をまぜた土を入れて固く詰め,すり面にカシの木の歯を何枚も打ち込み,上下の臼(うす)が触れ合う面には放射状に溝(みぞ)が彫られていました。上からもみを入れて臼(うす)をれを二人で押し引きして回転させると,もみがらがむけ,横から,玄米(げんまい)ともみがらが出てきました。上臼には引き綱(つな)がついており,ふつう二人が「とまり棒(ぼう)」にとまって回転させました。木で作られたものを木臼(きうす)といいました。
 唐臼(からうす)・籾磨臼(もみすりうす)ともいいました。上臼につけた横木にヤリギをつけて回転させました。

     
石臼(いしうす)と臼台(うすだい)

粉に挽(ひ)く石製の臼の総称で,ひき臼とも呼ばれ,米,麦,大豆などを粉にするために用いられました。上臼と下臼を重ね合わせて,上臼を手動で時計回りに回転させて穀物などを粉にしました。原理は木臼(きうす),土臼と同じで,上の穴から少しずつ穀物を落とし,上臼のとってを回すと穀物は上下の臼の間でひきさかれ,粉となって出てきました。上下臼の接触面にきざまれるみぞの形は,粉にする穀物によって異なりました。臼台(うすだい)は石臼をのせる作業台のことです。 二人で挽くこともありました。 穀物を多く入れすぎるときめが粗(あら)くなり,少ないと多く挽くことができませんでした。 米を挽く場合は,洗浄・乾燥後に挽きました。

       
立臼(たちうす)と杵(きね)
 古い時代からつかわれ,もみすりの道具がなかった時代には,もみすりから精米までおこないました。
もみすり機
 大正時代になって動力を使ったのもみすり機が登場しました。大正5年には,衝撃型(しょうげきがた)のもみすり機が,東京の岩田氏によって,また,大正12年には,ゴムロール式のものが,新潟県(にいがた)の野本氏によってそれぞれ発明されました。衝撃型は,米が割れやすく不良米が多くでたので,ゴムロール式のものがいっぱんに広まっていきました。
    

このページの一番上に戻る