前ページへもどる  ホームへもどる


春,菜の花やれんげの花がさき,やがて麦の穂が出そろうと,まもなく米づくりがはじまります。むかしは,冬のあいだ田んぼで麦をつくっていたので,麦かりがすむと急いで米づくりのための田おこしをおこない,田植えの準備をしなければなりませんでした。これを「麦田おこし」といいました。麦田おこしは,もとは刃の長い備中を使っていましたが,大正の中ごろから「はねくり備中」にかわりました。また,牛をかっているような農家では,すき(犂)を使うこともありました。麦田おこしがすむと,さらに備中で土を細かくくだき,土に粘りを与える作業をしました。これを「小切り」といいました。

風呂鍬(ふろぐわ)

鍬(くわ)は,犂(すき)とならんで農具の中心をなすもので,古くから田畑をたがやしたり,除草をしたり,うねをつくったりなどいろいろな作業につかわれました。鍬(くわ)は,そのはたらきによって柄(え)の角度が直角にちかいものから,打ち鍬,打ち引き鍬,引き鍬の三種に分けらました。また,鍬の材料,つくり方のちがいにより,風呂鍬,金鍬,特殊鍬の三つに分けられました。
 開墾(かいこん)用の鍬は,風呂鍬は打ち鍬で,「かぶおこし」とか,「ちょうばぐわ」ともよばれていました。

   引き鍬(ひきぐわ)
備中鍬(びっちゅうぐわ)と大備中(おおびっちゅう)
 「備中三ちょうに鍬一ちょう」といわれるように,明治以降は,鍬よりも備中の方が多くつかわれました。江戸時代につくられたもので,刃が細くて土がくっつきにくいので,ねばりけのある土をたがやすのにつごうがよく,農家に広まっていきました。三本歯と四本歯のものがあり,春日井市内では四本歯のものがよく使われたようです。特に歯の長いものは「麦田おこし」せんようで「大備中」ともいわれました。刃に土がつきにくく,長くて重量もあるので,水田,あるいは粘土質の土地で用いるのに適していました。 刃先が尖(とが)ったものや広いものもありました。
  
金鍬(かねぐわ)
 金鍬は打ち引き鍬で,昭和に入って豊富な鉄板をプレス加工してつくったものです。
  平鍬
はねくり備中(びっちゅう),田おこし備中(びっちゅう)
 機械備中ともいい,大正時代に考案され,昭和10年代から普及(ふきゅう)し,固い田を起こすのに使用しました。麦田起こし備中よりはるかに楽で能率的であることから急速に農家に広まりました。
 立ったまま作業ができたので仕事がはかどりました。げたの部分にかた足を入れ,その足を上まで上げ体重をかけて刃先を地に刺しこみ,テコの原理で土を前にはねるように田を起こしました。両手で柄を持ち,刃を麦田にさし,下駄(げた)でふみこみ,土をはねあげて「うね」をおこしていきました。進行方向は後ろへ下がるように進みました。「田おこし備中」ともいわれました。今はこのような仕事を,トラクターでおこないます
   
鋤(すき)
 スコップと同じように直線的に土中に刃先をつっ込んで耕す農具で,深く耕すために便利な農具でした。しかし,現在の農家ではほとんど使用されていません。構造上から2種類に分けられ,一つは京鋤,もう一つは関東鋤とよばれるもので,鋤身に対し直線的に柄がついたものです。
  踏鋤(ふみすき)
犂(すき)
 中国から伝わったことからカラスキなどともいわれました。明治以降,スキの改良が進み,田起こし技術指導が行なわれたことにより普及しました。牛馬に引かせて田をおこす道具で,古くからつかわれてきた農具です。その形態により,長床犂(ちょうしょうすき)と短床犂(たんしょうすき)と無床犂(むしょうすき)とに分けられます。長床犂は,安定性はよいが,深くたがやせない,無床犂は,深くたがやせるかわりに安定性が悪いといわれていました。そこで両者の良いところをとってつくられたのが短床犂で,安定してしかも深くたがやすことができました(主に西日本では牛,東日本では馬に犂をひかせていました。)
  耕転機(こううんき)が普及するまで活躍を続けました。
  長床犂・唐鋤(ちょうしょうすき・からすき)  
カルチベータ
 カルチベータは,畑地の中耕・除草・培土などの作業に用いられる作業機でした。犬や人がけん引し,麦田をこわすためにつかわれました。
トラクター
  

 このページの一番上に戻る