獲得免疫@  ヘルパーT細胞のやくわり
 第2防衛部隊の獲得免疫は、生まれてからの経験の中から作られた防衛網です。この獲得免疫には、抗体とキラー系の2種類がありますが、どちらもリンパ球が中心となって働いています。
 ヘルパーT細胞は、第2防衛部隊の司令官です。マクロファージから受け取った外敵侵入の知らせと、外敵がどんなものであるのかという情報をもとに、敵の性質・特徴や弱点を知り、的確に侵入した敵に攻撃できるように戦略を決める指揮官です。
 第2防衛部隊の司令官ヘルパーT細胞は、B細胞には「敵をつかまえろ」で、キラーT細胞には「敵を殺せ」という命令を出します。
 「敵をつかまえろ」という命令を受けたB細胞は、敵の情報をもとに、捕まえるための特別なタンパク質を作ります。これが「抗体」といわれるものです。この抗体は水に溶けますから、血液にまざって体中をまわり、敵をみつけてつかまえてしまい、相手を無力化します。
 「敵を殺せ」との命令を受けたキラーT細胞はたくさん増え、力も強くなり、抗体につかまえられた敵を破壊して殺すだけでなく、敵にのっとられてしまった細胞も、外敵もろとも破壊してしまいます。ちなみに「キラー」とは、「殺し屋」の意味です。

獲得免疫A 抗体の活躍へ どうぞ  
炎症とマクロファージ にもどります