酵素 こうそ
ある物質を他の物質に変化させるときに働く たんぱく質のことをいいます。変化する前の物質を基質といいます。酵素の反応は大きく合成と分解があって、反応自体で酵素は消費されないで、一つの作業が終わると次の基質にとりかかります。酵素は間違いがないように基質の構造のある部分を認識して作業をします 。細胞の中で働く微量な酵素は、自動車工場の中でせっせと部品を組み込む作業ロボットのようでもあります。